TOCA BLOG

2018.10.10

ボブからボブへ レングスの違いで作る見え方 


 
こんにちは鈴木です。
 
ボブblog  Part2   
 
今日は
レングスで変わるボブの違いをご説明します
 
 
 

 
Before
 
顎下4センチのワンカールボブ
 
顎下の両サイド辺りが
一番膨らむようなスタイルです


 
 
そのBeforeから
 
水平の顎ラインのレングスのボブにカット✂︎
 
 
 

 
After
 
 
 
顎ラインでカットすることによって
 
頭をコンパクトに小さく見せています
 
 
 
Before写真の彼女は
毛先にパーマをかけていたのですが
 
 
今回はカットだけで柔らかく
 
乾かしただけで収まるように切りました
 
 
 

 
首元がスッキリ見えて
 
「肌見せ」効果もあるので
 
より視線が上にいって頭が小さく見えます
 
 
 

 
こうやって「耳掛け」しても
 
やはり可愛いですよね
 
 
長ければ長いほど
 
顎下に落ちる髪で動きを出しやすいのですが
 
 
 
顎ラインに切って
 
「雰囲気軽く見せたいなぁ」
 
と感じたらやっぱり耳にかけましょう!
 
 
奥行きと透け感が出て
可愛いです!
 
 
 
 
それと肌は見えなくなってしまうんですが
 
レングスが短いボブが人気なのは
 
秋冬でストールやマフラーを巻く方は
とっても巻きやすいですよね
 
 
どうせ首元巻くから切るわ!って言われる
お客様がすごく多いんですよ
 
 
 
ボブでも顎ライン
顎下1センチ、2センチ、3センチ、、、と
レングスで印象は全然変わります
 
 
丁寧なカウンセリングから
気持ちを込めてカットさせて頂きます
 
皆様にお会いできる事を
楽しみにお待ちしております

  TOCA 鈴木悠史